Top > 目的に合わせて自分の行いやすい方法で

目的に合わせて自分の行いやすい方法で

ストレッチポールは乗せてあげる体の位置によって、色々な場所に効果を発揮します。たくさんの方法がありますので、目的に合わせて自分の行いやすい方法で続けていくようにしましょう。腰をリラクゼーションさせてあげる場合のストレッチポールの使い方を紹介しますので、参考にしてみてください。
床に仰向けの状態で寝てストレッチポールの上に足を乗せます。足は腰の幅に広げてリラックスできる状態にしましょう。ストレッチポールをかかとで転がします。自分の体に引き寄せたり離したりを繰り返し行います。骨盤が床に付いたり離れたりするのをしっかり意識しながら行うようにしましょう。
両方の足をストレッチポールに乗せたまま、つま先を右に向けて足を離したり引きつけたりします。つま先を右に倒したときには左の腰が、左に倒したときには右の腰が浮くようにしながら行いましょう。無理せず気持ち良く続けられる範囲で繰り返して行います。ゆっくりとリラックスさせながらエクササイズしましょう。
ストレッチポールに足を乗せ腰の幅に開き、両方のつま先を前側に倒します。今度はつま先が自分のほうに来るように起こしていきます。この動作をゆっくり繰り返して行います。骨盤がしっかり動いていることを意識しながら行いましょう。腰のまわりがほぐれていくのがわかると思います。毎日少しずつ行うようにしましょう。

 

 日経225その8  日経225その9  日経225その10  日経225その11
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
自分の目的に合わせた使い方(2009年6月 6日)
リラックス出来る状態で行うことが大切(2009年6月 6日)
目的に合わせて自分の行いやすい方法で(2009年6月 6日)
ストレッチポールの利用方法(2009年6月 6日)
コアストレングス(2009年6月 6日)